車購入時にクレジットカードを利用するメリット

車を購入するとなると非常に大きな金額がかかることになりますが、その際にクレジットカードを利用するメリットというのはどのようなものがあるのかというと、まず第一に金額が非常に大きいのでその分しっかりポイントが貯まるという利点があります。

参考→主婦・学生が漢方スタイルカードに申し込む方法

そのため、たとえ交渉によって割引がいまいちだった場合でも、クレジットカードで支払うことで更なる還元を受けることができるようになるため、クレジットカードの還元率に応じて実質的に割引を受けることができるという点にあるのです。

これが現金であればなんら特典はないわけですから、これは大きな利点といえるのです。

しかし、車を買う時というのは交渉次第で更に割引を目指すことができ、その際に現金で買うから安くしてくれという方法をとることができます。

18fmeks_image12これはディーラーはクレジットカードで支払いをされるとその分だけ、手数料を取られてしまうことになるのでその手数料の一部だけでも割引をしてもらえないかという交渉の材料にすることができるのです。

つまり、カードを持っていればカードを使う気が無かったとしても交渉の材料とすることができるので、持っていて損は無いのです。

またそれ以外にも利点があり、カードで支払った場合引き落としまでには時間がかかるのでその時に手持ちのお金が無くても、次の月にはボーナスが入るといった場合、借金をすることなくその場で決済を済ませておくことができるという利点もあるのです。

社会人・学生・主婦etcそれぞれに合ったクレジットカードの選び方

クレジットカードというのは様々な種類のものがありますから、人それぞれ使い道や属性に合わせたクレジットカードの選び方というものが重要となってきます。

クレジットカードは非常に便利なものではありますが、その選び方を誤ってしまうとせっかくのその利点も活かすことができなくなってしまうためです。

まず、社会人がカードを選ぶときには実用性も重要ですがステータスも重要となることがあるので、そのような時には年会費がかかっても、多くの特典のあるカードを選んでみるのが良いでしょう。

身分にあったカードを持つというのは社会人にとっても重要なことなので、年会費を支払ってカードを作るだけの価値があるのです。

18fmeks_image10次に学生の場合ですが、この場合学生専用のカードを作ると特典も多くまた限度額もそれほど大きなものではないため、つい使いすぎてしまうということがなく、安心して利用をすることができるのです。

そして、最後に主婦の場合ですが、家計を握る立場だけにお得に買い物をすることができるカードを選びたいものですよね。

そのため、年会費無料は当たり前でさらに買い物をするときに利用することで、割引などを受けられるものを選ぶと良いでしょう。

スーパーなどで発行されているものは特定の日に利用すると、割引を受けることができるといったものが多く、そのようなカードを持つことでお金の節約をすることができ、家計の助けになるのです。

このようにカードを選ぶときには立場によって、一番必要となるカードを選ぶようにしてみましょう。

ネタ元→クレジットカード利用 マイレージ

結婚式費用の支払いをクレジットカードで行う方法とメリット

結婚式というのは一生の中でも非常に重要な、儀式だけに決して妥協の無いものにしたいですよね。

そのため、多少お金がかかったとしても結婚式費用をケチらずに満足のいく結婚式を挙げたいものですが、ケチるつもりは無くても節約をすることができる部分は節約をしたいものですよね。

18fmeks_image18結婚をするとなるとその後の生活にも色々お金がかかってくるわけですから、節約できる部分は節約をする必要があります。

そのような時にクレジットカードを利用して結婚式費用を支払うことで、お金を節約することができるというメリットがあります。

クレジットカードで支払いをすることによって、ポイントなどの還元を受けることができます。

そのため、その還元に応じた分だけ実質的に費用を節約することができるという、利点があるのです。

また、クレジットカードを使わずともカードがあることによって、値引き交渉をすることができるという利点もあり、クレジットカードでの支払いは相手側が手数料を払わなければなりませんが、現金で払う代わりにその手数料分を割引してもらうといった交渉をすることができます。

そのため、カードを使わずともカードを持っていることによって交渉の材料にすることができ、結婚式費用を安く済ませることができるのです。

それではデメリットにはどのようなものがあるかというと、一生物の儀式に対してあまりにシビアにお金のことを考えると白けてしまうという気持ちの問題が大きくあります。

年金受給者がクレジットカードを作成する方法

クレジットカードの加入者のほとんどは、会社員や公務員であるといわれていますが、最近では少子高齢化の進展やライフスタイルなどの変化などによって、職業にかかわらずあらゆる目的を持った人々が入会の手続きを取っています。

そうした中、年金受給者がクレジットカードを作成する方法について、経済情報誌や経済新聞などでも度々特集が組まれることもあり、多くの高齢者にとって非常に興味深いテーマとなっています。

原則として、クレジットカードを作成するためには、毎月の定期的な収入が必要とされるため、長期的な収入額の予想などについて、カード会社へアピールをすることが必要とされます。

そこで、厚生年金や国民年金などで毎月の収入を得ている場合には、収入証明書などを申込書に添付することや、あらかじめカード会社の電話相談窓口などに問い合わせをすることが勧められています。

ここ数年では、審査基準が緩く設定されているカード会社も増えていることから、経済的な自身のある年金受給者であれば、カードを手に入れることができる可能性も大いにあります

インターネット上では、クレジットカードの手続きのポイントについて、いろいろな立場からの情報が取り上げられているため、生活の中でしっかりと確認をしておくことが求められています。

長期的にクレジットカードの利用を考えている場合には、社会的にも十分に信頼のできるカード会社を選択することが良いとされます。

自営業専門のクレジットカードについて

クレジットカードは非常に多くの人が利用するものとなっており、非正規雇用の人などであっても、しっかりとした収入があるのであれば審査を通過することができるようになっています。

しかしこうした際、特別な扱いを受けることが多いのが自営業者という存在です。

ƒjƒLƒrƒCƒ‰ƒXƒg:o‰ï‚¦‚Ä—Ç‚©‚Á‚½こうした人がクレジットカードを作成する際に候補になるのが「自営業専門のクレジットカード」ですが、これはどういったものなのでしょうか。

こういったカードはまず前提として「独自審査」を行っていることがほとんどになります。

独自審査とは他の信用調査機関などに調査を依頼せず、そのカード会社で定める条件を満たすかどうかでチェックがされるというものです。

この条件という面については特に「安定した年収の有無」がチェックされることになりますから、数年分の収入証明などの提示を求められることもあります。

しかし数年間にわたって安定した収入が存在しているのであればクレジットカード発行をしてもらえることも可能になるのです。

この審査基準においては自営業者向けのクレジットカードを運営しているそれぞれの会社によって変わってきますから、申し込みを希望するというような場合には、それぞれの会社の窓口などに相談することが有効になります。

もちろん全ての条件を教えてもらえるとは限りませんが、自身の状況をおおまかに説明するだけでもある程度の判断をしてもらうことが可能です。

安定した高収入があるのであればゴールドカードやプラチナカードといったようなランクの高いクレジットカードの発行をしてもらうこともできますから、積極的に確認していくとよいでしょう。